如何様インパクト・ファクター

アクセスカウンタ

zoom RSS 中小企業診断士試験−二次筆記試験合格発表

<<   作成日時 : 2010/12/11 12:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




昨日は中小企業診断士試験の二次筆記試験の合格発表がありました。
中小企業診断協会のホームページに合格者の受験番号が掲載されています。

今年の合格者数は927名ですね。
昨年は955名合格ですので、多少減っているようですが、筆記試験の合格率は若干上がっているようです。

私の知り合いも筆記試験を受けた人が数名いましたが、まだ誰からも受かったという連絡を受けていません。
やはり筆記試験のハードルはかなり高いようです。

受かった人は1週間後の口述試験に向けて勉強する必要があります。
ほぼ全員が受かる試験とはいえ、毎年数名は落ちています。
まったく準備せずに試験に臨むのは危険でしょう。

やるべきことは
1.再現答案の作成(すでに作成している人は再現答案の見直し)
2.事例企業の概要等の暗記
3.一次試験の知識の見直し(テキスト見直しなど)
4.口述模試の受験
5.想定問答のチェック

くらいでしょうか。

再現答案の作成はやっておくべきでしょう。
再現答案を作成すれば事例企業の概要もある程度頭に入れることができます。

受験機関によっては再現答案を提出すれば口述模試がタダあるいは割引適用になるものもありますので、
これをきっかけに再現答案を作成しておくことをお勧めします。

あとは一次試験用のテキストをざっと見なおしたり、口述模試でもらった想定問答集をチェックしたりして、準備を万全にしてきましょう。
ここまでやるとまず落ちることはないでしょう。


試験本番の前日は早めに寝て、当日遅刻しないようにしましょう。
遅刻すると1年間がまるまる無駄になります(筆記試験から再受験です。折角の難関を越えたのにもったいなさすぎです)。

それと、受験会場には1時間から30分ぐらい早めに来ておくことをお勧めします。
会場の1階ではすでに口述試験を終えた人にアンケートをとっていて、
どういった問題が聞かれたかを紙に書いもらい、それを誰でも自由にみられるようにしています。

まったく同じ内容を聞かれる確率は低いと思いますが、
先に受けた受験生がどのような内容を聞かれたかを確認することは参考になりますし、
事前にある程度質問内容を把握しておくことは自分が受ける際の安心感にもつながるでしょう。


ところで、私も今度、とある受験機関の口述模試で模擬面接の面接官をやることになっています。
私自身も上で書いた「やるべきこと」をやっておかないといけませんね。

↓よろしければクリックを・・・

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

人気blogランキングへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中小企業診断士試験−二次筆記試験合格発表 如何様インパクト・ファクター/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる