如何様インパクト・ファクター

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011年の3大ニュース(業界編)

<<   作成日時 : 2011/12/30 12:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0




あまり記事を更新できていない状況が続いていますが、とりあえず今年もほぼ終わりです。

毎年この時期に書いている「3大ニュース」ネタです。
特許業界に関する3大ニュースを勝手に決めてみました。


1位:東日本大震災
知財業界だけでなく日本中が大きな影響を受けた出来事です。
被災地だけでなくその影響は全国に及び、特許出願などの仕事も、地震の後で一時的に減った印象があります。

手続面でいえば、手続期間の延長震災復興早期審査・審理などの措置が設けられています。

事務所の運営という点では、事業継続計画(BCP)というものを改めて意識させられました。
例えば地震や津波でサーバーが壊れたらどうするか?、従業員との連絡は?、停電になったらどうやって仕事をするか?、など、いろいろと事前に検討や準備をしておくべき事項はたくさんあります。
特許出願から最長20年(あるいは25年)も面倒を見る仕事ですので、どのように事業を継続するかは特許事務所にとって大きな課題です。

また、工場や設備などの有形資産が地震や津波で被害を受ける一方、無形資産である知的財産権はそういった被害を受けません。この無形であることが知的財産権の大きな特徴なのです。
被災企業が知的財産権を活用して事業を立て直した事例などが出てくれば、知的財産権を取得するメリットをもっと広く世の中に認知してもらうことができるかもしれませんね。


2位:米国先願主義に転換
今年9月に米国がこれまでの先発明主義から先願主義に転換しました。

これにより米国への出願手続きや米国特許の調査の際に、従来のやり方から大きく変わることになります。
ただ、これまでの先発明主義が日本やその他の国からみるとかなり特殊だったことから、先顔主義に転換した後は手続面などでいろいろとやりやすくなるでしょう。


3位:審査請求料引き下げ
8月1日付けで審査請求料が引き下げられました。
従来より約25%引き下げとなって、審査請求の際の金銭的負担が少なくなりました。

従来の審査請求料は20万円近くと結構高く、近年の景気悪化も重なって審査請求料が出願人にとって大きな負担となっています。
今回の審査請求料の引き下げにより、審査請求数やひいては出願件数自体が増えてくれるのではないかと期待されています。

一方で、調査に関していえば、審査請求料って、事務所や調査会社で独自に行う出願後の先行技術調査の調査料金にも若干影響するんですよね。
審査請求料が安ければ、調査会社等に依頼して事前調査せずに、特許庁に審査請求したほうがいいって判断になるので、調査料金は審査請求料よりも高く設定できないんですね。
だから、審査請求料が安くなると、先行技術調査の依頼が減るか、あるいは調査料金を安くせざるを得ないという事態になります。

まあ、通常は出願前に先行技術調査をするため、出願後の先行技術調査自体の依頼が少ないので、あまり影響はないと思いますが・・・。



そのほかの話題としてはこんなのがありました。

●ひこにゃん訴訟:人気のゆるキャラを巡って市と原作者が対立
●中国が新幹線技術を特許出願:内容が開示されていないのでパクリなのかどうかわかりません・・
●直木賞に「下町ロケット」:特許を武器に中小企業が大企業と渡り合う夢物語
●スマホ特許戦争:サムスンv.s アップルなど、世界中で特許紛争が加熱
●グーグルによるモトローラ買収:特許が目的とも
●切り餅訴訟:補正を撤回するとその意見内容に拘束されないんですね・・、禁反言かと思ったんですが・・

      ・
      ・
      ・

なんだか東日本大震災の印象が大きくて、他のニュースはあまり印象に残らなかった一年でした。
来年は良い年にしたいですね。

さて、これから今年最後の飲み会です。
今日の飲み会のため実家に帰省する日を明日に伸ばしてしまいました。
母ちゃんごめんよ・・。



↓よろしければクリックを・・・

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

人気blogランキングへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2011年の3大ニュース(個人編)
2011年に個人的に起こった出来事の3大ニュースです。 ...続きを見る
如何様インパクト・ファクター
2011/12/31 10:22

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011年の3大ニュース(業界編) 如何様インパクト・ファクター/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる