IPDLセミナー




連休後に客先の担当者を相手に特許電子図書館(IPDL)のセミナーをすることになりました。
数名相手のこじんまりしたセミナーですが、準備をしないといけないので、連休のうち数日は潰れそうです。

商用データベースのベンダーさんのセミナーをやったことはあるのですが、改めて考えるとIPDLのセミナーは社内・社外含めて今までやったことが無いなぁと。

検索式作成の基本的な考え方などは商用データベースとほとんど変わることがないのですが、IPDLと商用データベースでは検索機能や表示性能が異なるので、そのへんでアレンジが必要です。

例えば、たいていの商用データベースではFタームとキーワードの掛け算ができますが、IPDLではそれができないので、そういった点については商用データベースとの違いとして説明する必要があります。

そういった点では、IPDLは商用データベースよりも検索機能などに制限があるので、漏れが少なくかつヒット件数が適当に収まるようにうまく検索式を作成するのは結構難しいんですよね。
私のように普段は多機能な商用データベースを使っていて、IPDLはせいぜい予備検索くらいでしか使わないサーチャーにとっては、IPDLだけで完結する調査の話をするのはなかなかハードルが高いことでもあります。

      ・
      ・
      ・

セミナーでは、単にIPDLの使い方を話すだけだと面白くないので、具体例を示しながら調査の流れや検索のノウハウなども話していけたらと思っています。

まあ、準備はちょっと面倒ですが、IPDLの話は特定の商用データベースの話よりも汎用性が高いので、この機会にセミナー用の資料を作っておけばのちのち他のセミナーでも使いまわせるかなとも思っています。

ただ、連休後半は台湾に旅行に行く予定ですので、それまでに資料作りを終わらせないと・・・。



新年度




またまた久しぶりの更新です。

今日から4月、多くの企業では今日から新年度です。
こちらは1月が会計年度の始まりなので、新年度といっても業務には直接は関係ないのですが、客先の年度が変わることで、こちらの仕事の受注状況に大きな影響がある場合があります。

例えば、客先の担当者の人事異動や、新年度からの予算の増減などで、こちらの受注が大きく変動することがあります。

そういった点から、年度始めの4~5月は、今後の仕事の受注状況などを見積もるうえで、結構重要な時期になります。
年度末である3月の駆け込みの仕事が終わったからといって、安心できるわけではないんですね。

年度が変わっても、気を引き締めていきたいところです。

     ・
     ・
     ・

さて、年度始めに私も目標を立てたいと思います。
今年度は、

ブログをもっと更新する。

です。

ただ、ブログをほとんど更新できなくても責めないでください。

なんせ、本日は4月1日、エイプリルフールの日ですから。