テーマ:弁理士

被災地に対して特許業界ができることって?

3月11日の地震からちょうど1月が経過しました。 なんだかこの1月はあっという間で、いつも落ち着かない感じで日々を過ごしていました。 先日、弁理士会からメールでアンケートが来ていました。 弁理士として、被災地の復興支援に何ができるかという内容です。 これは難しい質問で、被災地に必要なものは、住民であれば衣食住…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新規事業

また更新が滞ってしまいましたが、それなりに忙しくやっています。 ここ1~2月ほど、少し時間がかかる仕事をやっていました。 とあるクライアントが新規事業に進出するということで、その特許調査をお手伝いしていました。 その事業とは、クライアントさんの属する業界では利益率が高く、かつ広く普及している製品の製造・販売…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弁理士試験2008-論文合格発表

 18日に論文の合格発表がありました。今年は601名が合格されたそうです。去年よりもちょっと増えましたね。  去年の記事に書いた2人は両方とも合格したそうです。  ところで、ある友人に、某会派の口述模試の試験官のバイトをやらないかと誘われました。なんでも小額ながら謝礼が貰えるとか・・・。模試の後には飲み会もあるよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弁理士と源泉所得税

 今回のネタは、調査でも出願でもなく、小難しい「税金」の話です。  弁理士として仕事をするうえで必ず関係する税金に「源泉所得税」があります。 ●源泉所得税とは  弁理士が報酬を受ける場合、報酬の10%が源泉所得税として徴収されます。  「所得税法第204条第1項第2号」  「タックスアンサー No.27…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

事務所再編

 このブログ、訪問した人がどのようなキーワードでどの記事にたどり着いたのか確認できるのですが、ここ数日、過去に書いたとある記事(↓)へのアクセスが多くなっていることに気が付きました。  「TBS「情熱大陸」にアノ有名な若手弁護士が登場」  調べてみると、上の記事で書いた弁護士さんの所属していた法律事務所が解散し、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自分で自分を代理する

 弁理士は通常、他人の代理をするものですが、自分自身を代理することになりました。  きっかけは、自分の事務所名を商標登録出願したことです。私の事務所は「○○特許事務所」という抽象名称の事務所なのですが、先日その事務所名を商標登録出願しました。  特許事務所は法人ではないので、出願人は私個人になります。私自身は弁理…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

特許調査は補助業務?

 工業所有権情報・研修館で、特許調査の研修の受講者を募集しています。  「平成20年度特許調査実践研修(第1回)受講者募集のお知らせ」  この研修での募集対象者は、特許事務所等のリーガルアシスタントとなっていますが、募集対象をリーガルアシスタントに限定しなくても、弁理士が受講しても良いのではないかと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知財コンサルティング研修

 弁理士会の「知財コンサルティングのための知識とスキル」の研修を受講してきました。会場はほぼ満員で、皆さんの興味の高さ(あるいは単位目当て?)が伺えます。  今回の研修は、弁理士義務研修の単位(3単位)になるため、時間管理はきっちりしていました。15分以上遅刻すると単位なしですし、途中退席もそうです。ですので、講演の途…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

調査の顧問契約

 特許事務所や弁理士は、特定の企業と顧問契約を結ぶことがあります。この場合、月額いくらの範囲内で、その企業から相談を受けて回答したり、簡単な内容の仕事を行ったりします。  最近、調査をメインとした顧問契約の話があがっています。協力関係にある弁理士と共同で企業と顧問契約を結び、その企業をサポートします。こちらの主な業務は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特許事務所と業務提携

 近況です。  とある中規模の特許事務所と業務提携をしています。独立後、すぐにそのような話がありました。こちらの仕事は、主にその事務所の調査業務を行うことです。こちら側のメリットは新規顧客の獲得で、事務所側のメリットは調査業務の強化ということになります。互いにメリットがあり、シナジー効果を狙えるのではないかと考えていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃業しました・・・

   ・    ・    ・    ・  嘘です。4月1日なので・・・。 ↓よろしければクリックを・・・
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

4月1日からスタート-弁理士義務研修

 4月1日から弁理士の義務研修がスタートします。昨日は弁理士会で義務研修の説明会があり、私も参加してきました。会場いっぱいに人が集まっており、皆さんの関心の高さがうかがわれます。  義務研修とは、弁理士の資質向上を目的として登録後の弁理士に課される研修です。弁理士には、これまで登録時や登録後のいずれにおいても必須の研修…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

特許多腕人間方式-海野十三

 以前、このブログで紹介した海野十三(うんのじゅうざ)ですが、徳島で現在「海野十三展」が開催されています。  「『日本SFの父』顕彰 県立文学書道館、海野十三展始まる」  この海野十三、小説家として有名ですが、実は弁理士でもあることをご存知でしょうか?海野の小説に、弁理士が主人公の小説「特許多腕人間方式」がありま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

弁理士試験-論文合格発表

 弁理士試験の2次試験(論文試験)の合格発表がありました。  今年の合格者は589名で、去年の655名、おととしの738名と比べるとかなり減少しています。いよいよ合格者数が頭打ちしたと考えてよいでしょう。  うちの事務所では、2名受験しましたが、残念ながら2名とも不合格だったようです。このうち1名はかなりの成績優…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

弁理士資格と住宅ローン

 GE Money(GEコンシューマー・ファイナンス)は、同社の住宅ローンの申込者本人又はその家族が保有する資格を合算し、最大1.0%の金利優遇サービスを行うことのことです。その資格に、弁理士資格も入っています。  GE Money-「日本の住宅ローン業界で初めて、本人と家族の資格合算で金利を最大1.0%優遇」 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

特許庁職員の特許出願

 特許の審査に携わる特許庁の職員が、自ら発明して特許出願する場合、どのような手続きが必要かご存知でしょうか?  この場合、出願書類や附属物件を特許庁長官に差し出して許可を受ける必要があります(「審査ハンドブック-01.05特許庁職員が特許等の出願などをする場合」)。  職員の発明が職務において知得した発明でなけれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長期出張

長期の出張に行っていたため、更新が滞ってしまいました。 先週、1週間程度の泊りがけの出張だったため、気がつくと弁理士試験の合格発表や特許・情報フェアが終了していました。 特許・情報フェアには行きたかったのですが。。 コンファレンスでは、3極(US、EP、JP)の特許庁の方が話をされたみたいで、聞きに行く予定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

口述試験スタート

 いよいよ口述試験がスタートしましたね。  口述試験で合格するためには、3科目中2つ以上で「C」判定を受けないことです。  「新たな弁理士試験の具体的実施方法について-特許庁ホームページ」  「C」判定を受けないためにはどうするか・・・、それは時間内に規定の問題数をこなすことです。途中でどんなに優秀な回答を…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

弁理士の義務研修

 弁理士の研修が義務化されるそうです。   「YOMIURI ONLINE」  研修は5年ごとで、改正特許法や審査基準等について20~30時間で行われるそうです。研修を繰り返し拒否した弁理士に対しては資格のはく奪も可能になるそうです。結構厳しい措置ですね。  ただ、審査の滞貨の原因を、弁理士の実務能力の低下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弁理士試験(論文合格発表)

 21日に、弁理士試験の論文試験(二次試験)の合格発表がありました。  今年の論文合格者は655人で、去年の738人と比べるとだいぶ減っています。いよいよ合格者数が頭打ちになったということでしょうか?  今年は知り合い2人が受験していましたが、2人とも合格していました。そのうち1人は弁理士試験初受験で一発合格です…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

裁判員制度

 オウム真理教の麻原被告の死刑が確定したそうですね。実質的に一審で審理されたのみで刑が確定することになり、中途半端な印象は否めません。  近い将来裁判員制度が導入されると、このような重要な刑事事件についても一般市民が裁判に参加することになるのでしょうか?  ところで、最近知ったのですが、弁理士は裁判員になれないそうで…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

弁理士の懲戒処分

 千葉県在住の弁理士が、特許庁へ出願料等の納付を怠ったため、業務の禁止処分を受けたそうです。弁理士の業務禁止処分は、50年ぶりとのことです。 <特許庁ホームページ>  http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/benrishi3/choukai_060623.ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弁理士試験2

弁理士試験短答式試験の合格発表がありました。 http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/benrishi/benrishi2/h18tan_goukaku.htm 合格者数2878人、合格基準点37点だそうです。試験問題が難しかったらしく、基準点は案外低かったですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弁理士試験

弁理士試験の志願者数が、ついに1万人を超えたそうです。 弁理士試験志願者の統計 http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/benrishi/benrishi2/benrisitoukei18.htm 今年の最終合格者は何人ぐらいになるのでしょうか?去年の合格者が711人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

e-ラーニング

弁理士会のホームページで、「進歩性の判断の動向」のe-ラーニング研修が無料で配信されています。会員以外でも見ることができます。 http://www.jpaa.or.jp/ 最近、裁判所で進歩性の判断が辛くなり、それにあわせて特許庁でも進歩性判断のハードルが高くなっているとのことです。 進歩性判断における組み合わせにつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弁理士試験

弁理士試験の合格発表がありました。 うちの会社でも若手が一人合格しました。ひとごとですが、いやぁ、よかったよかった。 今年の最終合格者は711人でした。合格率は7.8%とのこと。年々簡単になっていますが、未だに狭き門ですね。 弁理士が増員され、オリジナリティーが必要になってきています。ただ明細書を書くだけでなく、自分に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more