テーマ:データベース

特許電子図書館-廃止?

先週の話題ですが、事業仕分けで「特許電子図書館」が廃止になることが決定したそうです。  「行政刷新会議『事業仕分け』」  http://www.shiwake.go.jp/data/pdfs/359.pdf 新聞で見て、一瞬ぎょっとしました。だって特許電子図書館がなくなると、仕事に大きな支障が・・・。 特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IPDL変更

連休前の金曜日の夜から昨日までIPDLがメンテナンスで使えませんでした。 年度末のこの忙しいときに・・・などと悪態をつきながらメンテナンス明けの今日、アクセスしてみると、    インターフェース、ぜんぜん違う・・・ ここ1年くらいで一番大きな変更だったんじゃないでしょうか。 公報テキスト検索はイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JDreamPetit終了

明日はいよいよ中小企業診断士の二次口述試験。 ただ、この1週間は忘年会続きで、ほとんど勉強できませんでした。 特に財務・会計の復習があまりできていません。 事例IVに当たらないことを祈りつつ試験に臨みます。       ・       ・       ・ 昨日は忘年会でちょっと飲みすぎました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Shareresearch&SRPARTNER説明会

 先日、OUG特許分科会で表題の説明会がありました。場所は秋葉原にある日立情報システムズの社内で、営業や開発者も出席しての説明会でした。  参加者はいつもより多く、40人以上いたようです。それだけ皆さんの関心が高いということでしょうか。  なお、このブログでも何度か書いていますが、私はSRPARTNER/Ligh…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IPDL10周年

(今日の記事は完全に「思い出話」です・・。)  特許庁のホームページに「特許電子図書館(IPDL)10周年に寄せて」という記事がでていました。  私が特許業界に入ったのがちょうど10年前です。  当時はまだIPDLの認知度があまり高くなかったことと、特許調査にどこまで使えるのかまだ評価ができていなかったこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閲覧請求

 ちょっと前に情報提供用の資料を探す調査を受けました。その準備として、調査対象の審査書類をIPDLで見ています。  IPDLで意見書や補正書を見ることができるようになったのは、今から2年前くらいでしょうか?その時から、特許庁や発明協会へ閲覧請求する機会が格段に減りました。  ところで、特許の価値を評価する手法の一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

返金保証付きの調査サービス

 NRIサイバーパテントデスクが返金保証付きの先行技術調査サービスを開始したそうです。  「返金保証付き先行技術調査サービスの提供を開始-NRIサイバーパテントデスク」  概要はリンク先のニュースリリースのとおりです。  簡単に説明すると、まず、NRI(あるいは提携調査会社?)が先行技術調査を行い、その結果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国特許データベース

 北京オリンピックが終わりましたね。結局、かなりの競技を見てしまいました。アテネのときのように時差があると夜中に見てしまうので次の日がつらいのですが、今回のように時差がない場合も休みの日なんかは常時テレビをつけっぱなしにしてしまうので、これはこれで困りものです。  ということで、無事終わったオリンピック終了を記念して、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「PATOLIS海外」を使ってみた

 GIGAZINEの体験記事のようなタイトルですが、久しぶりに検索ネタです。いま話題?の「PATOLIS海外」を取り上げてみました。  7月1日にサービスがスタートした「PATOLIS海外」の体験版を使ってみました。体験版ですが、正規版と同じ機能が使えます。料金などの詳細についてはこちらを参照してください。 ●収…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

esp@cenetでクイズ

 最近まで気付かなかったのですが、esp@cenetのホームページでクイズをやっていますね。  過去の発明家や研究者に関するクイズで、一部には特許情報を検索させる問題もあります。今は第3回のクイズが出題されています。  クイズの正解者には、esp@cenetの記念品を詰めた福袋が贈呈されるそうです。何がもらえるの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

社内検索

 いま、テレビ東京のワールドビジネスサテライトを見ています。いろんな企業で、社内検索による情報の発掘が行われているそうですね。  うちは一人事務所なので、大がかりな社内検索システムを導入する必要はありません。デスクトップ検索で十分です。ずいぶん前からパソコンにGoogleデスクトップを入れていますが、これが結構使えます…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

データベース一覧

 開業してもうすぐ半年になろうとしています。開業当初は1つか2つの有料データベースしか契約していなかったのですが、その後いろいろなデータベースを導入し、今では10種類程度を使える状態になりました。  下は、現時点で使用できるデータベースの一覧です。お気に入りから読み出すのも面倒なので、リンク集兼用でまとめてみました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国サービス開始-SRPARTNER

 SRPARTNER(日立情報システムズ)で新たに外国サービスが開始されます。  「SRPARTNER/US 製品紹介」  USの特許検索データベースです。1976年以降を全文検索できるようです。ただ、他のUSデータベースとそれほど変わらない印象で、なにか特徴があるわけでもなさそうです。  料金は、1ID¥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IPDLで全文検索(2)-商用データベースによる差別化

 先日アナウンスがあったとおり、17日(正確には16日)からIPDLの公報テキスト検索で全文検索ができるようになりました。  「特許電子図書館からのお知らせ-工業所有権情報・研修館」    これまでは無料のIPDLは、全文検索ができないという点で、全文検索が可能な商用データベースとの間に圧倒的なハンディキャップがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IPDLで全文検索(1)

 3月17日より、IPDLの公報テキスト検索で、公報全文を一括して検索できるようになるそうです。  「特許電子図書館からのお知らせ-工業所有権情報・研修館」  前からそういった話がありましたが、ついに来たか、という感じです。  問題は、どの範囲の文献が全文検索ができるのかと、近傍検索などの機能があるかどうか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日経テレコン21

 飽きずにビジネス向け記事検索のネタを続けます。  今日紹介するのは従前の記事でも取り上げた「日経テレコン21」です。2006年、2007年に最もよく利用された有料データベースであり、ビジネス向け検索では最も有名なデータベースです。 ●特徴は?  日経テレコン21の特徴は、その膨大な収録データにあります。日経系…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ビジネス向け記事検索とは・・

 先日の記事で取り上げたビジネス向け記事検索についてもう少し詳しく述べてみたいと思います。  特許系サーチャーの仕事といえば、特許・実用新案文献や、学術文献などの非特許文献ばかりを調査すると思われがちですが、これら以外にも有用な媒体があります。  その一つに、先日取り上げたビジネス向けの媒体があります。具体的には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビジネス向け検索サービス-朝日・時事・日刊工業新聞

 朝日新聞社、時事通信社、日刊工業新聞社の3社が、ビジネス向けの記事検索サービスを4月1日から開始するそうです(↓)。  「朝日・時事・日刊工業新聞、ビジネス向け記事検索サービスを共同で提供-IT+Plus」  この新サービス、「キジサク」の名称で提供されるそうです。検索できる対象は、サービス開始当初は、朝日新聞…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

待望のバージョンアップ-PATOLIS Toolbar

 そういえば、年末に「PATOLIS Toolbar」がバージョンアップ(Ver. 2.0.0.6)されていました。   http://www.patolis.co.jp/products/toolbar/  前のバージョンでは、IE7上で作動させるとIEがフリーズするなどの不具合が生じることがありました。で、仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間もなく特許検索サービスを開始へ-百度

 中国最大手の検索エンジン「百度(バイドゥ)」が、2008年1月1日から特許検索サービスを提供するとのことです(↓)。  「百度:間もなく特許検索サービスを開始へ-China Press」  ドメイン名など、具体的な情報は未だ明らかではありません。たぶん無料でしょうが、どの程度の検索が可能なのかについては不明です…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「JdreamⅡの新機能及び新シソーラスについて」(1)-サーチャーの会

 サーチャーの会の定例会に行ってきました。今回のテーマは「JdreamⅡの新機能及び新シソーラスについて」です。講師は、科学技術振興機構(JST) の方2名です。  「第66回 サーチャーの会定例会 開催のご案内」 ●「JdreamⅡの新機能」  前半は、「JdreamⅡの新機能」についての講演です。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

特許情報検索サイト「P@TM(パトム)」リリース

 知財法務コンサルティング事業を行っているCYBISSが、特許情報検索サイト「P@TM(パトム)」のβ版の提供を開始したそうです。  CYBISSホームページ-Press Release ●P@TMの概要  商品開発や企画を行っている専門家や起業を考えている大学生などが対象とのことで、分類検索など高度な機能は備…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翻訳サービスを開始-NRIサイバーパテント

 NRIサイバーパテントが、特許文献の英語から日本語への翻訳と中国語から日本語への翻訳サービスを開始するそうです(↓)。  「NRIサイバーパテント、特許情報に関する翻訳サービスを開始」  この新サービスは、NRIサイバーパテント社のインターネット情報検索サービス「NRIサイバーパテントデスク」で提供されます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特許図面検索サービス-リコーテクノシステムズ

 2008年1月に、リコーテクノシステムズの「RIPWAY Version3」がリリースされます。  このRIPWAY、指定した図面と類似する図面を日米の特許文献から検索する「RIPWAY IMAGE SEARCH(リップウェイイメージサーチ)」という機能があります。  「リコーテクノシステムズ、インターネット特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IPDLの注意点-公報テキスト検索でのテキスト入力(3)

 さらに「IPDLの注意点」シリーズが続きます。  前回の「IPDLの注意点-公報テキスト検索でのテキスト入力(2)」に続いて、今回も公報テキスト検索についてです。 ●長音記号「ー」について  「データ」など、長音「ー」を含む検索では、長音の代わりに「-」(マイナス)などを使って検索する必要があります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IPDLの注意点-公報テキスト検索でのテキスト入力(2)

 先日の「IPDLの注意点-公報テキスト検索でのテキスト入力(1)」の記事の続きです。  この記事にも書きましたが、半角カタカナは特許庁規定外文字であるため、IPDLの公報テキスト検索では入力してもヒットしません。  逆に、数字やアルファベットについては規定外文字ではないため、半角で検索するとヒットします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IPDLの注意点-公報テキスト検索でのテキスト入力(1)

 先日送られてきたPATOLISのメールマガジン「パトリスだより」(2007/10/15号)で、ローマ数字を含むキーワード検索についての記事がありました。  PATOLISでは、ローマ数字を含むキーワードを検索する際、短剣符「†」を使用する必要があります。  たとえば、「Ⅲ型コラーゲン」を検索する場合、ローマ数字…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

IPDLの注意点-付加コード

 下の検索結果を見て、何かお気づきでしょうか?  ヒット件数がやけに少ないと思いませんか?  これは、検索式中に付加コードを付加せずに検索したことが原因です。Fタームに付加コードを付加し忘れると、ヒット件数が0件近くになってしまうことがあるのです。 ●付加コードとは?  所定のタームについて副次的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IPDLの注意点-階層検索(2)

 先日の記事でIPDLにおける階層検索の問題点について説明しました(IPDLの問題点-階層検索)。  この階層検索、IPDLの「特許分類検索」では実行してくれます。ところが、「公報テキスト検索」では階層検索してくれませんので注意が必要です。  具体例を示して説明します。  <分類例>  乗物玩具;機関玩具…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IPDLの注意点-階層検索

 新人さんが入ってくると、特許調査の概要を講義することがあります。このとき特許分類(IPC,FI,Fターム)を使った分類検索について説明するのですが、皆さんよく間違えることがあります。  それは、IPDLの特許分類検索では、FIの分冊識別記号については、階層検索を行わないということです。 ●階層検索とは?  上…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more