テーマ:特許

個人発明家の本人出願

以前、中小企業診断士の活動の一環として、個人の方の新商品開発を手伝ったことがあります。 新商品開発の元になるのは、とある食品を製造する際に出る廃棄物を使った粉末状の食材です。 本来、そのまま捨てられる廃棄物を有効活用し、かつ栄養面においても優れた食材で、環境保護と健康向上を両立させた画期的なものです。 私達のミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年の3大ニュース(個人編)

2011年に個人的に起こった出来事の3大ニュースです。 1位:東日本大震災 先の「業界編」でも書きましたが、個人的にもやっぱり3月11日の震災が今年一番の出来事ですね。 震災自体は仕事にもプライベートにもほとんど影響はなかったのですが、精神的な影響というか、地震の後はしばらく何もする気になれませんでした。 夏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年の3大ニュース(業界編)

あまり記事を更新できていない状況が続いていますが、とりあえず今年もほぼ終わりです。 毎年この時期に書いている「3大ニュース」ネタです。 特許業界に関する3大ニュースを勝手に決めてみました。 1位:東日本大震災 知財業界だけでなく日本中が大きな影響を受けた出来事です。 被災地だけでなくその影響は全国に及び…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

分類の付与

もうすぐ今年も終わりですね。なんだか最近時間が経つのが早いです。年をとってきたからかもしれません。 いまは分類付与の仕事をしています。 とある特定の技術分野の出願約1000件に対して、独自分類を付与していく仕事です。 付与する分類はこちらで勝手に決めてよいという、完全「おまかせ」の作業になります。 どういった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

階層構造

前回の記事の続きです。 前回の記事では、以下の請求項の表現について、若干「違和感」を感じると書きました。 「液体を収容可能な容器本体と、この容器本体に設けられた取手と、前記容器本体のうち前記取手の反対側側面に設けられた液体注出口と、を備える散水容器。」 どうして違和感を感じるのでしょうか?    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被災地に対して特許業界ができることって?

3月11日の地震からちょうど1月が経過しました。 なんだかこの1月はあっという間で、いつも落ち着かない感じで日々を過ごしていました。 先日、弁理士会からメールでアンケートが来ていました。 弁理士として、被災地の復興支援に何ができるかという内容です。 これは難しい質問で、被災地に必要なものは、住民であれば衣食住…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2010年の3大ニュース(業界編)

年末恒例?の「3大ニュース」。 特許業界に関する3大ニュースを勝手に決めてみました。 今年はこんな感じかな? 1位:特許電子図書館の事業仕分け 工業所有権情報・研修館(INPIT)の特許電子図書館(IPDL)が事業仕分けの対象となり、 将来的に廃止されるということになりました。 これは、新システムに移行す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノートパソコン購入

新しいノートパソコンを買いました。 ソニーのVAIOタイプZ(VPCZ13AGJ)でオーナーメードモデルです。 古いノートパソコンはハードディスクの残り容量が全体の容量の1/10を切ってしまい、 ちょっとアブナイ状態だったので、意を決して買い替えることにしました。 新しいパソコンのスペックですが・…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

IPDL10周年

(今日の記事は完全に「思い出話」です・・。)  特許庁のホームページに「特許電子図書館(IPDL)10周年に寄せて」という記事がでていました。  私が特許業界に入ったのがちょうど10年前です。  当時はまだIPDLの認知度があまり高くなかったことと、特許調査にどこまで使えるのかまだ評価ができていなかったこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オンラインで情報提供2

 以前、インターネット出願ソフトを使ってオンラインで刊行物等提出書を提出できることを記事にしました(オンラインで情報提供)。  最近、実際にオンラインで情報提供する機会があったので、そのときに気がついた注意点などを挙げてみました。 1.改行、下線などは無視される  刊行物等提出書のHTMLファイルに改行や下線な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閲覧請求

 ちょっと前に情報提供用の資料を探す調査を受けました。その準備として、調査対象の審査書類をIPDLで見ています。  IPDLで意見書や補正書を見ることができるようになったのは、今から2年前くらいでしょうか?その時から、特許庁や発明協会へ閲覧請求する機会が格段に減りました。  ところで、特許の価値を評価する手法の一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

設計変更

 少し前に出願前の特許調査を依頼されました。お客さんの製品を見て特徴を抽出し、それがすでに出願されているかどうか調査します。  出願されていなければ新規に特許出願、されていれば再検討という手順です。まあ、よくある調査+出願のパターンです。  調査の結果、非常によく似ている発明が独立請求項に記載された文献が見つかりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

返金保証付きの調査サービス

 NRIサイバーパテントデスクが返金保証付きの先行技術調査サービスを開始したそうです。  「返金保証付き先行技術調査サービスの提供を開始-NRIサイバーパテントデスク」  概要はリンク先のニュースリリースのとおりです。  簡単に説明すると、まず、NRI(あるいは提携調査会社?)が先行技術調査を行い、その結果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特許検索競技大会の予告

 工業所有権情報・研修館のサイトに掲載されていました。  「特許検索競技大会2009 開催予告について」  開催日は8月29日、募集期間は5月27日からだそうです。  フィードバックセミナーでも言われていましたが、先着順だそうです。あと、分野も「機械」が増えていますね。  参加される方は早めに申し込みを・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知財戦略コンサルティングと特許マップ

 知財戦略コンサルティングシンポジウム2009に行ってきました。休日の雨の日にもかかわらずかなりの数の人が来ていました。  内容は、中小企業に対して知財コンサルティングを行った事例の紹介や、知財支援についてのパネルディスカッションなどです。  コンサルティングのツールの1つに「特許マップ」があります。紹介された事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィードバックセミナー

 特許検索競技大会のフィードバックセミナーに行ってきました。  大きなプロジェクター3台を使った大規模なセミナーでした。東京で競技大会に参加した人数(約40人)をはるかに上回る数(100人くらいか?)の参加者がいてちょっとびっくりです。大会に参加した人だけでなく、純粋に検索のセミナーとして聞きにきた人も多かったようです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

口座振替

 ついにやりました、口座振替納付を・・・。  口座振替納付とは今年から導入された納付制度で、出願などの際に特許庁へ納付する印紙代を銀行口座から振り替えることができる制度です。  従来のように予納書を使って予納口座にお金を預けておく必要がなくなり、納付の事務がとても簡単になります。  今回やったのはお客さんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GFPと特許

 ちょっと前の出来事ですが、日本人4人がノーベル賞を受賞しました。益川先生、個性的ですね。ただ、同じ個性的な発言をしている柔道の金メダリストと比べると、マスコミの扱いがゆるいような・・・。これがノーベル賞の権威なのか?  そういえば、以前、自然界に存在する物質って特許になるの?って記事を書きましたが、その結論を書かずに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

様式変更

 12月になってもあまり暇にならなかったのですが、来週から多少時間に余裕ができそうなので、これまで手付かずだったことをやってしまおうと思っています。  特許庁がらみで2つあります。手数料等の口座振替の申し込みと、様式変更に伴う明細書雛形の作り替えです。いずれも来年1月1日からスタートなので、今年中にやってしまいたいです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早いことは良いこと?

 ちょっと前の話題ですが、特許庁のスーパー早期審査で第1号の特許査定が出されたそうです。出願から17日で特許査定になったそうです。   「スーパー早期審査の特許査定第1号について-特許庁」  17日はさすがに早いですね。恐るべし、スーパー早期審査。べたなネーミングはだてじゃなかったのか・・。 ●早いことは良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GFPでノーベル賞

 最近は金融不安が進んでいて私の懐もかなり厳しい状態となっています。ただ、いくつか明るい話題もありました。ノーベル物理学賞とノーベル化学賞のことです。  このうちノーベル化学賞ですが、緑色蛍光タンパク質(GFP)の発見で、下村脩さんに授与されることになりました。  私もバイオ出身のはしくれ、GFPくらいは知ってい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

スーパー早期審査

 10月1日から、現行の早期審査よりも更に早期に審査を行う「スーパー早期審査」の試行が開始されるそうです。  「スーパー早期審査の試行開始について-特許庁」  「スーパー早期審査」のネーミングセンスの是非はさておき、スーパー早期審査の対象となると、一次審査までに約1ヶ月、意見書等の提出から二次審査までに約1ヶ月と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グループディスカッション

 特許流通講座に参加しました。前回課題が出され、今回はそれについて5~7人程度でグループを作ってディスカッションをする形式でした。  いろいろな人たちの意見を聞くと、みんないろいろな考え方をしているなぁと感心します。ただ、今回のグループはみな優秀な人たちで、基本的なところはみんなきちんとできています。ですので、一致して…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

特許戦略ポータルサイト

 「特許戦略ポータルサイト」の試行が開始されるそうです。特許戦略ポータルサイトとは特許庁のホームページに開設されるサイトで、そこでは自社の出願件数や審査実績などの自己分析用データが提供されます。  自己分析用データのサンプルも公開されています↓  自己分析用データ(サンプル)  このサンプルを見たところ、結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

組成物調査

 いま、組成物の侵害調査をしています。その際のちょっとした注意点です。  例えば、A,B,Cの3つの成分を含む組成物の侵害調査をする場合を考えます。この場合、A,B,Cのいずれかを必須構成要素(必須成分)として含み、かつ他の成分(例えばD)を必須成分として含まない発明が請求項に記載された文献を抽出する必要があります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国特許データベース

 北京オリンピックが終わりましたね。結局、かなりの競技を見てしまいました。アテネのときのように時差があると夜中に見てしまうので次の日がつらいのですが、今回のように時差がない場合も休みの日なんかは常時テレビをつけっぱなしにしてしまうので、これはこれで困りものです。  ということで、無事終わったオリンピック終了を記念して、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二冠達成!

 水泳の北島選手が2個目の金メダルを獲ったころ、私も2つめをとりました。  何をとったかというと、そう、親知らずです。  3週間ほど前に1つめ(下顎右奥)の親知らずを抜いてドライソケットに苦しめられたのですが、それが落ち着いてきたので2つめに挑戦です。今回は下顎の左奥です。抜くときはほとんど痛みを感じませんでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オンラインで情報提供

 気がつかなかったのですが、平成21年1月から、刊行物等提出書をオンラインで提出できるようになるそうです。   「インターネット出願の概要」-53ページ参照  正直、これはありがたいです。現在では刊行物提出書の提出は書面でしかできません。したがって、刊行物等提出書や刊行物を複写したり、特許庁に提出(あるいは郵送)…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

特許流通講座

 この2週間ぐらいつらい状態が続いています。理由は「親知らず」を抜いたからです。抜くときはスムーズで痛みもなかったのですが、抜いた後に「ドライソケット」という状態になってしまいました。これは親知らずを抜いた人の5%くらいがなるそうです。  詳しくは書きませんが、とにかくいつも奥歯の奥がジンジンしているような状態です。幸い痛…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「PATOLIS海外」を使ってみた

 GIGAZINEの体験記事のようなタイトルですが、久しぶりに検索ネタです。いま話題?の「PATOLIS海外」を取り上げてみました。  7月1日にサービスがスタートした「PATOLIS海外」の体験版を使ってみました。体験版ですが、正規版と同じ機能が使えます。料金などの詳細についてはこちらを参照してください。 ●収…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more