アクセスカウンタ

如何様インパクト・ファクター

プロフィール

ブログ名
如何様インパクト・ファクター
ブログ紹介
特許調査や明細書作成など、特許の実務に関することをつれづれなるままに書き散らしたり、いま話題となっている人や会社がどんな出願をしているのかをネタにしたりしています。
zoom RSS

個人発明家の本人出願

2012/05/02 07:03



以前、中小企業診断士の活動の一環として、個人の方の新商品開発を手伝ったことがあります。

新商品開発の元になるのは、とある食品を製造する際に出る廃棄物を使った粉末状の食材です。
本来、そのまま捨てられる廃棄物を有効活用し、かつ栄養面においても優れた食材で、環境保護と健康向上を両立させた画期的なものです。

私達のミッションは、その食材を一般に普及させるべく、新たな商品や使い方などを検討することでした。


その技術を開発された方(以下、Aさん)は、年配の家庭の主婦で、従業員もおらず一人で食材の製造技術の開発から実際の製造、販売まで行なっています。
Aさんはなかなか精力的に活動される方で、その年齢の方には珍しくFACEBOOKなどソーシャルネットワークも積極的に活用されています。

Aさんは、その食材の製造技術について特許を取得しています。
その特許は、代理人を使わずにAさんが自分で出願(本人出願)し、中間処理なども自分で行なって取得されています。

企業に努めていたわけでもなく、ずっと専業主婦をされていた方なので、過去に特許出願をした経験などまったくありません。
それでも、自ら明細書等の出願書類を作成し、権利取得までこぎつけたのはすごいことだと思いました。

      ・
      ・
      ・

私もその特許公報を見たのですが、これまで出願経験のない家庭の主婦が書いたとは思えないほどの質の高さでした。
特許請求の範囲もある程度しっかり書けているし、実施形態でも成分や適用例、補助成分など複数の例示を列挙しているし、最適な数値範囲とその利点なども記載しているし、実施例も漏れがないようにいくつものパターンを記載していました。
多少の問題点はありますが、下手な弁理士が書いたものよりも質が高いのではないかと思えるくらいの内容でした。

Aさんに、出願書類をどうやって自分で作成したのか聞いたところ、
他人が書いたいくつかの明細書等を参考にしながら、
公的機関などの無料相談所で適宜アドバイスを受けて作成したとのことでした。

Aさんは家庭の主婦で資金もあまりなく、弁理士に報酬を払って代理をお願いすることができなかったそうです。
そのため、無料相談所を活用し、先行技術調査をしてもらったり、自分の書いた明細書のチェックをしてもらったりと、何度もアドバイスを受けたそうです。

まあ、無料相談とはいえ、あまり専門的なアドバイスになると、別料金として報酬が発生する場合もありますので、どこまで突っ込んだアドバイスを求めることができるかわかりません。
Aさんのアドバイザはなかなか良心的な方だったようで、そのような方に出会えたという点でAさんは運が良かったといえるかもしれません。

そういった点から、本人出願の場合は他力本願というかあまりアドバイザに頼るのではなく、Aさんのように例えば他人の書いた明細書などを参考にしてある程度自力で自分の発明を文書にすることが大切です。

我々弁理士も、初心者のころは他人の明細書等を参考にしながら出願書類の作成の仕方を勉強しているのですから。

      ・
      ・
      ・

一般的に個人発明家というと自分の発明に対して熱い情熱をもっている人が多いのですが、本人出願の明細書等を見ると、その情熱ばかりが先走って本人の希望を一方的に書いたものが多く、特許庁の要求する書き方に合ったものは少ない場合が多いです。その内容は、ともすれば、いわゆる「電波系」の明細書になりがちです。
そして、特許庁から拒絶理由通知が来て、慌てて弁理士に相談に行き、その弁理士からさじを投げられるというパターンが多いでしょう。


特許は情熱だけで取得できるわけではなく、特許庁の要求する条件(特許要件)に合致して初めて取得できます。
本人出願で特許取得を目指すのであれば、Aさんのように、他人が書いた質の良い明細書等を参考にし、必要に応じて専門家のアドバイスを受けながら自分の発明を冷静かつ客観的に文章化することが重要でしょう。

      ・
      ・
      ・

連休後半戦突入ですね。私はこれから台湾へ旅行に行ってきます。















記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


IPDLセミナー

2012/04/26 23:26



連休後に客先の担当者を相手に特許電子図書館(IPDL)のセミナーをすることになりました。
数名相手のこじんまりしたセミナーですが、準備をしないといけないので、連休のうち数日は潰れそうです。

商用データベースのベンダーさんのセミナーをやったことはあるのですが、改めて考えるとIPDLのセミナーは社内・社外含めて今までやったことが無いなぁと。

検索式作成の基本的な考え方などは商用データベースとほとんど変わることがないのですが、IPDLと商用データベースでは検索機能や表示性能が異なるので、そのへんでアレンジが必要です。

例えば、たいていの商用データベースではFタームとキーワードの掛け算ができますが、IPDLではそれができないので、そういった点については商用データベースとの違いとして説明する必要があります。

そういった点では、IPDLは商用データベースよりも検索機能などに制限があるので、漏れが少なくかつヒット件数が適当に収まるようにうまく検索式を作成するのは結構難しいんですよね。
私のように普段は多機能な商用データベースを使っていて、IPDLはせいぜい予備検索くらいでしか使わないサーチャーにとっては、IPDLだけで完結する調査の話をするのはなかなかハードルが高いことでもあります。

      ・
      ・
      ・

セミナーでは、単にIPDLの使い方を話すだけだと面白くないので、具体例を示しながら調査の流れや検索のノウハウなども話していけたらと思っています。

まあ、準備はちょっと面倒ですが、IPDLの話は特定の商用データベースの話よりも汎用性が高いので、この機会にセミナー用の資料を作っておけばのちのち他のセミナーでも使いまわせるかなとも思っています。

ただ、連休後半は台湾に旅行に行く予定ですので、それまでに資料作りを終わらせないと・・・。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新年度

2012/04/01 16:35



またまた久しぶりの更新です。

今日から4月、多くの企業では今日から新年度です。
こちらは1月が会計年度の始まりなので、新年度といっても業務には直接は関係ないのですが、客先の年度が変わることで、こちらの仕事の受注状況に大きな影響がある場合があります。

例えば、客先の担当者の人事異動や、新年度からの予算の増減などで、こちらの受注が大きく変動することがあります。

そういった点から、年度始めの4〜5月は、今後の仕事の受注状況などを見積もるうえで、結構重要な時期になります。
年度末である3月の駆け込みの仕事が終わったからといって、安心できるわけではないんですね。

年度が変わっても、気を引き締めていきたいところです。

     ・
     ・
     ・

さて、年度始めに私も目標を立てたいと思います。
今年度は、

ブログをもっと更新する。

です。

ただ、ブログをほとんど更新できなくても責めないでください。

なんせ、本日は4月1日、エイプリルフールの日ですから。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


スランプ

2012/02/29 01:59



前回記事を更新したのが年明けで、それからずいぶん時間が経ってしまいました。
とりあえずぼちぼちとやっています。

前回の記事を振り返ってみると、今年の目標として
@コンサル活動を活発にする
A英語をやる
B継続して資料を作る
C体力をつける
を挙げていました。

この2か月間を振り返ってみると、C以外は全く手つかずの状態です。
Cについても、3月にハーフマラソンを走ることになったので、半ば強制的に体力をつけざるを得ない状況で、しかたなくジムに通っているといった状態です。

4月から状況が多少変わるので、@〜Bについてもそれまでにやれることはやっておきたいと思っていますが、なかなかやる気が出なくて・・・、スランプ状態です。

     ・
     ・
     ・


そうです、ここ数か月の最大の問題は「やる気が出ない」ことなのです。

上記の@〜Bについても、ブログの記事を更新しないのも、本を最後まで読み終わらないのもそう。
最近、つくづく「やる気」が出なくなったなぁと感じています。

やっぱり年なのかな?
もうすぐ○○歳だし・・・。

やる気が出ないのに、時間が経つのはずいぶん早く感じるようになりました。
あっという間に一日が終わっている感じです。

このまま年を取っていくのもまずいなぁと思い始めています。

とりあえず、まずは動いてみることにします。

しょうもない記事で申し訳ありません。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新年

2012/01/04 13:26



遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

大みそかの夜に風邪をひいてしまい、今までずっと体調が悪い状態が続いています。
正月休みにやろうと思っていた作業も全くできず、初詣にも行けませんでした。

ここ数年で最も実りのない正月でした。

     ・
     ・
     ・

今年の目標は、とりあえず以下のとおりです。
@コンサル活動を活発にする
A英語をやる
B継続して資料を作る
C体力をつける


@については、これまでも中小企業診断士の活動でコンサルっぽいこともやっていたんですが、今年は本格的にコンサル業務をやろうと思っています。
まずは、公的機関などに専門家登録をする予定です。

Aについては、毎年やろうと思っていてやれていないのですが、今年こそは・・・。
とりあえず、インターネットでできる割安の英会話を申し込む予定です。

Bについては、ここ数年は研究会やセミナーなどで発表する機会が増えてきたので、そのネタを定期的にまとめておかないと結構大変なことになるんですね。
というわけで、1月1テーマを目標に、パワーポイントなどにネタをまとめていく予定です。

Cについては、今回の風邪もそうなんですが、個人事業主は体調管理はしっかりやっておく必要があります。
ここ数カ月は結構頻繁にスポーツジムに通っていたんですが、12月は飲み会や寒さやらを理由にあまり行っていなかったので、今年は週に最低1日はジムで体を動かすことを目標にします。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2011年の3大ニュース(個人編)

2011/12/31 10:22



2011年に個人的に起こった出来事の3大ニュースです。


1位:東日本大震災
先の「業界編」でも書きましたが、個人的にもやっぱり3月11日の震災が今年一番の出来事ですね。
震災自体は仕事にもプライベートにもほとんど影響はなかったのですが、精神的な影響というか、地震の後はしばらく何もする気になれませんでした。
夏ごろになってようやく気持ちが落ち着いてきた気がします。
なんかいろいろ価値観が変わった出来事でした。

2位:業績ちょっとダウン
今年は開業3年目(3期目)だったのですが、残念ながら売上がちょっとダウンしました。

昨年は比較的大きな引き合いが来て特許出願の数が増えたので、その分売上がかなりアップしたのですが、
今年はその出願が落ち着いたため、昨年よりも売上ダウンです。

一人事務所なので食べていくには問題ないですが、独立してからなかなか安定しないですね。
まあ、どの事業もそうでしょうが、安定を目指すこと自体がダメで、常に向上を目指していないといけないのでしょう。
事業というのは、マグロと同じで、常に泳ぎ続けていないと死んでしまうものなのかもしれません。
個人的には、海底の砂地に潜ってひっそりと暮らすヒラメのほうが好きなのですが・・・。

ただ、誤解の無いように言っておくと、売上がダウンしたといえど、勤務弁理士時代よりも年収(所得)は上回っています。
一人事務所はそれだけ割がいいんでしょうね。
逆に言うと、大人数の従業員を抱えていて、長年事業を継続している経営者は、やっぱり大したものだと思います。

なお、来年は提携事務所との関係でいろいろ動きがある予定なので、業績がどうなるか、今年以上に流動的です。


3位:ちょっとした別れ
完全にプライベートな出来事ですが、この春にちょっとセンチメンタルな別れがありました。
しばらく独身が続きそうです。


その他としては、特に大きな目立った活動はないのですが、仕事やプライベートでいろいろと小さな活動しています。

例えば、例年どおり、今年もいろいろな勉強会・研究会に参加したり、セミナーの講師をやったりしました。
あと、今年初めてした活動といえば、NHKのテキストに掲載されたことと、とある検定試験の問題作成委員になったことくらいでしょうか。

そんな一年でした。

     ・
     ・
     ・

これから実家に帰ります。
いくつか仕事が残っているので、実家に持ち帰りますが、さすがに大晦日の夜くらいはテレビでも見てゆっくりしたいと思います。

それでは良いお年を。


↓よろしければクリックを・・・

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

人気blogランキングへ


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2011年の3大ニュース(業界編)

2011/12/30 12:49



あまり記事を更新できていない状況が続いていますが、とりあえず今年もほぼ終わりです。

毎年この時期に書いている「3大ニュース」ネタです。
特許業界に関する3大ニュースを勝手に決めてみました。


1位:東日本大震災
知財業界だけでなく日本中が大きな影響を受けた出来事です。
被災地だけでなくその影響は全国に及び、特許出願などの仕事も、地震の後で一時的に減った印象があります。

手続面でいえば、手続期間の延長震災復興早期審査・審理などの措置が設けられています。

事務所の運営という点では、事業継続計画(BCP)というものを改めて意識させられました。
例えば地震や津波でサーバーが壊れたらどうするか?、従業員との連絡は?、停電になったらどうやって仕事をするか?、など、いろいろと事前に検討や準備をしておくべき事項はたくさんあります。
特許出願から最長20年(あるいは25年)も面倒を見る仕事ですので、どのように事業を継続するかは特許事務所にとって大きな課題です。

また、工場や設備などの有形資産が地震や津波で被害を受ける一方、無形資産である知的財産権はそういった被害を受けません。この無形であることが知的財産権の大きな特徴なのです。
被災企業が知的財産権を活用して事業を立て直した事例などが出てくれば、知的財産権を取得するメリットをもっと広く世の中に認知してもらうことができるかもしれませんね。


2位:米国先願主義に転換
今年9月に米国がこれまでの先発明主義から先願主義に転換しました。

これにより米国への出願手続きや米国特許の調査の際に、従来のやり方から大きく変わることになります。
ただ、これまでの先発明主義が日本やその他の国からみるとかなり特殊だったことから、先顔主義に転換した後は手続面などでいろいろとやりやすくなるでしょう。


3位:審査請求料引き下げ
8月1日付けで審査請求料が引き下げられました。
従来より約25%引き下げとなって、審査請求の際の金銭的負担が少なくなりました。

従来の審査請求料は20万円近くと結構高く、近年の景気悪化も重なって審査請求料が出願人にとって大きな負担となっています。
今回の審査請求料の引き下げにより、審査請求数やひいては出願件数自体が増えてくれるのではないかと期待されています。

一方で、調査に関していえば、審査請求料って、事務所や調査会社で独自に行う出願後の先行技術調査の調査料金にも若干影響するんですよね。
審査請求料が安ければ、調査会社等に依頼して事前調査せずに、特許庁に審査請求したほうがいいって判断になるので、調査料金は審査請求料よりも高く設定できないんですね。
だから、審査請求料が安くなると、先行技術調査の依頼が減るか、あるいは調査料金を安くせざるを得ないという事態になります。

まあ、通常は出願前に先行技術調査をするため、出願後の先行技術調査自体の依頼が少ないので、あまり影響はないと思いますが・・・。



そのほかの話題としてはこんなのがありました。

●ひこにゃん訴訟:人気のゆるキャラを巡って市と原作者が対立
●中国が新幹線技術を特許出願:内容が開示されていないのでパクリなのかどうかわかりません・・
●直木賞に「下町ロケット」:特許を武器に中小企業が大企業と渡り合う夢物語
●スマホ特許戦争:サムスンv.s アップルなど、世界中で特許紛争が加熱
●グーグルによるモトローラ買収:特許が目的とも
●切り餅訴訟:補正を撤回するとその意見内容に拘束されないんですね・・、禁反言かと思ったんですが・・

      ・
      ・
      ・

なんだか東日本大震災の印象が大きくて、他のニュースはあまり印象に残らなかった一年でした。
来年は良い年にしたいですね。

さて、これから今年最後の飲み会です。
今日の飲み会のため実家に帰省する日を明日に伸ばしてしまいました。
母ちゃんごめんよ・・。



↓よろしければクリックを・・・

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

人気blogランキングへ


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

如何様インパクト・ファクター/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる